テーブルと椅子が搬入されました

椅子

オカムラシルフィー

  • 複数のスポンジを組み合わせた立体クッション
  • 昇降の調整
  • 座面の前後調整
  • 腰サポートの位置調整
  • リクライニング硬さ調整
  • 前傾、通常、後継モード切替

を兼ね備えていて、長時間座っての作業や遊びがしやすいです!
オカムラのバロンと迷ったのですが、実際に座ってみて座面クッションと背もたれのフィット感や
全体的にフォロムが優しい雰囲気があり、
集中してのノートPC作業や書き物を行う際に前傾モードが役に立てると思います。

テーブル

コクヨリーフライン

  • フォールディングタイプ(折りたたみ可能)のテーブル
  • 幅150cm 奥行き45cm 高さ72cm
  • 固定/フリー切替できるキャスター
  • 天板は控え目な木材色
  • 天板上面に段差なし
  • 天板にクランプを噛ませることができる

それっぽく並べてみた


このテーブル以外に、やや奥行きがあるフォールディングテーブルと
90cm×90cmのテーブルを揃える予定です。

選ぶ際に考えたこと

当店を利用するお客様が行うこととして

  • 3Dプリンタやレーザーカッターの利用(パソコンでCADを操作)
  • ボードゲームとボードゲームプレイの録画や配信
  • LEGOブロック遊び
  • ノートPC作業
  • 書き(描き)物

を想定しているので、これらが行いやすく
かつレイアウトの変更に柔軟に対応できるテーブルと椅子の組み合わせを考えていました。

ボードゲームをプレイしやすいテーブルサイズは?

ボードゲームの種類は千差万別非常に豊富なので一概には言えないのですが
私が大好きでおすすめしたいボドゲの一つに「カタンの開拓者達」(通称カタン)があります。

コンポーネントを広げると
中央の島は46cm×53cm
コンポーネントを全て広げた際は
2:2で座った時:68cm×68cm
4人が対面するように座った時:75cm×75cm
となります。

カタンでは資源カードをプレイヤー間で私合う場面が多いため
テーブルの奥行きがありすぎるとカードを渡す際にいちいち席を少し経って中腰のような体勢となってしまいます。
身体の中心からの腕の長さは60~75cmなので、斜めの人とやりとりすることも考えると
短編が80cm~100cmのテーブルが最適と考えました。
快適にプレイできます!・・・はず?